ヘルニア

 

ヘルニアと診断された患者様もいると思いますが、そもそもなぜヘルニアになるのかまで教えてもらったことありますか?ヘルニアは足の筋肉(特に大腿四頭筋)が緊張。

体幹の筋肉の衰え、体重の増加などにより骨盤が前傾して「反り腰」の状態になるなど

色々な要因で椎間板の圧力が高まり、髄核が飛び出して神経を

圧迫して痛みが出るといわれています。皆さんが勘違いしているのは「ヘルニアになってしまったら治ることはなく上手く付き合っていくしかない」と思っていることです。

ほとんどの整形外科でそう言われることが多いので仕方ないと思いますが、

僕はそうは思いません。原因を取り除き、腰の圧迫が取れれば改善すると思っています。そうでないと当院で何年来のヘルニアにが改善することに説明がつきません。

そもそもヘルニアが痛みの原因とは限らない場合もあります。

腰痛だからレントゲンを撮ってみたらたまたまヘルニアが見つかり、それが原因と言われてしまう場合があるからです。だから手術しても痛みが治らない人がいるんです。痛みの原因がヘルニアならそれを取り除けば治るはずですからね。

手術をしても改善しない人はヘルニアが原因ではないんですね。